「農林水産省/総合職(事務系│係長級) ★業界経験不問。農水省で民間企業の経験が活かせます。」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、国家公務員の転職・求人情報が満載です!

総合職(事務系│係長級) ★業界経験不問。農水省で民間企業の経験が活かせます。
農林水産省
プロ取材
農林水産省本庁を訪問し、中途採用で入省された企画官の渡辺さんに取材しました。「学生の頃から農林水産省をめざしていた」という渡辺さんですが、民間での経験を存分に活かし、さまざまな場面で活躍されています。
エン転職 取材担当者
西田
取材担当者-西田
掲載期間20/07/2020/08/16
農林水産省

総合職(事務系│係長級) ★業界経験不問。農水省で民間企業の経験が活かせます。

正社員職種未経験OK業種未経験OK完全週休2日
総合職(事務系│係長級) ★業界経験不問。農水省で民間企業の経験が活かせます。イメージ1
農業経営やファンド立ち上げに携わった渡辺。銀行やコンサルティングファームでの経験が活きています。
この国の「食」の未来をつくる、新風を求む。
いつの時代も、「食」を取り巻く環境に安定はありません。

長年にわたって課題となっている農業就業人口の高齢化や食料自給率の低下は、まだ解決に向け道半ばです。最近は災害の増加に伴う安定供給への不安、SDGsへの取り組みといった新たな波が押し寄せています。この春、感染症拡大に伴う食料の輸出入制限が生じたことは記憶に新しいでしょう。

変化が多く、天候や自然にも未来を左右される農林水産業。次々と現れる課題を解決していくには、固定観念にとらわれない柔軟な考えを取り入れていくことが欠かせません。

これまでにも、将来に向けた政策提言を推進する仕組み『Open Lab』や、勉強会を企画・開催する組織『チーム2050』が誕生。どちらも、中途入省者や若手の声から生まれたものです。公式YouTubeチャンネル『BUZZ MAFF』も、20代の職員が牽引しています。

求めるのは、この流れに続き、農林水産省に新しい風を吹かせてくれる人。この国の農林水産業の未来を共につくる、フレッシュな仲間をお待ちしています。

募集要項

仕事内容
総合職(事務系│係長級) ★業界経験不問。農水省で民間企業の経験が活かせます。
日本の農林水産業の発展をミッションとし、この国が直面するさまざまな課題の解決に取り組みます。具体的には、政策や法律の企画・立案、実行のための具体的なアイデアの検討、推進など。これまでに培った経験やスキルを活かしてご活躍ください。

<<活躍のフィールドはさまざまです>>
◇大臣官房:省全体の政策や、環境政策に関する総合調整役
◇国際部:世界との貿易交渉の推進や途上国への食糧支援
◇消費・安全局:食品表示の適正化や輸出入に伴う検疫協議
◇生産局:農畜産物の高品質化や安定供給のための開発・支援
◇経営局:農地集積・集約化や税制の検討、新規就農対策
◇農林水産技術会議事務局:AI・ロボットなど最先端技術の研究・導入 など

上記以外にも多くの部署があり、農林水産業を魅力ある成長産業へと育てるため、多くの職員が力を合わせ、知恵を絞っています。

※およそ2年おきに異動があります。さまざまな部署やプロジェクトを経験し、多様な知識を持つ農林水産業のジェネラリストを目指してください。

<<他省庁や民間との連携が鍵を握ります>>
人の生活に身近なものを扱う分、関わる人や団体が多いのが農林水産省の特徴。経済産業省、検疫の問題なら外務省など、他省庁との協力・調整も欠かせません。周囲を巻き込み、協調性を発揮することが期待されます。

<<係長からステップアップを目指せます>>
入省後は、上司を補佐しながら制度や事業を担当する「係長」のポジションからスタート。プレイングマネージャーとして業務にあたりながら、経験を積んでいきます。その後、30~40名ほどの課をまとめる「課長補佐」「課長」への昇格が可能です。
応募資格 ■大学卒業後、民間企業・中央省庁・国際機関・研究機関等において、正社員・正職員(またはそれに準ずる雇用形態)として従事した経験が、応募時点で通算5年以上ある方

※中途入省者の前職は、コンサルティングファーム、金融機関、マスコミ、小売店など。多様な経験を活かせるフィールドがあります。中央省庁での就業経験、農林水産業の経験がない方のご応募を歓迎する募集です。

※意欲重視の採用です。知識よりも、「日本の農林水産業に貢献したい」「社会問題を解決したい」という強い想いを重視します。なお、選考フローに通常の公務員試験における筆記試験は含まれませんので、安心してご応募ください。
募集背景 生命を支える「食」と安心して暮らせる「環境」を未来に継承することをミッションとし、食料の安定共有を通して国民の命と経済を支えてきた農林水産省。国の基盤をつくる役割を担う私たちは今、人口減少に伴う国内マーケットの縮小や働く人の減少・高齢化の進行、災害の増加など、さまざまな課題に直面し、大きな転換点を迎えています。

この状況をチャンスに変え、豊かな未来をつくりだすためには、より多様な考え方を持つ人が集まり、知恵を出し合っていくことが欠かせません。そこでこの度、当サイトにて求人を展開し、民間でのご経験をお持ちの方を迎えたいと考えています。
雇用形態 正職員
※6ヶ月の試用期間があります。その間の給与や待遇に変更はありません。
勤務地・交通
農林水産省│東京都千代田区霞が関1-2-1
※他省庁への出向・海外赴任を経験することがあります。
交通
東京メトロ日比谷線・千代田線・丸ノ内線「霞ケ関駅」A7出口より徒歩すぐ
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」7番出口より徒歩6分
都営三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩9分
勤務時間 ■8:30~17:15
■9:00~17:45
■9:30~18:15

業務により、上記いずれかの働き方(すべて実働7時間45分)。

<時間外勤務について>
働き方改革はまだ推進の途中。国会期間は、準備のため深夜まで残ることも。ただし毎日ではありません。また、国会のない時期は19時、20時には退社できます。
給与 月給29万5300円以上
※経験や能力等を考慮し、支給額を決定します。
※超過勤務手当は全額支給します。
年収例
500万円(28歳・独身)
休日休暇 ■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■産休・育休制度(取得・復職実績共にあり)
■有給休暇(年20日(4月1日採用の新規採用職員の場合、採用の年は15日))
■結婚休暇
■出産休暇
■忌引休暇
■子の看護休暇
■ボランティア休暇 等

※年間休日は120日。国会が落ち着いた時期など、有給休暇を取得して数日間の連休を取ることも可能です。
福利厚生・待遇 ■昇給 年1回(1月)
■期末手当(賞与)年2回(6、12月│昨年度実績:基本給の4.5ヶ月分)
■社会保険(健康・厚生年金)
■通勤手当(月5万5000円まで)
■超過勤務手当(全額支給)
■扶養手当(配偶者:月6500円、子1人につき:月1万円)
■住居手当(月2万8000円まで)
■役職手当
■出張手当
■単身赴任手当
■社宅制度
■庁舎内に食堂・コンビニあり
■農林水産省保育園(千代田区認可の事業者内保育所│2017年開業)
■職場内禁煙
■海外研修・留学制度
■国家公務員災害補償法制度
■退職金制度
■育児休業制度
■育児短時間勤務制度
■子育て座談会(育児中の職員が集まり、仕事と子育ての両立について情報を交換できます)
■職員能力向上講座(効率的な仕事方法や育児中の職員を部下に持つ上司の心得などを、外部講師から学びます)
入省後について まずは農林水産省の役割や省内のルール、仕事の流れ等について座学研修で学んでいただきます。その後、配属先の部署にて実務を通して仕事を覚えていきましょう。

多くの場合、まずは課内のプロジェクトや案件の進捗を管理し、部署間の調整などを担う「交通整理役」のポジションに配属。課で担当する仕事や一緒に働く職員についてしっかりと知り、まずは農林水産省の一員として活躍する基盤を整えましょう。

その後、経験を活かせる班への異動や政策企画のプロジェクトへの配属などを経て、3年ほどをめどに課長補佐へ昇格が可能です。
転職者インタビュー 大学卒業後、金融機関やシンクタンクを経て29歳で入省しました。農業やエネルギーに関わる仕事は経験しましたが、専門的な知識があったわけではありません。

農林水産省を受ける際に意識していたのは、自分の経験を農林水産省でどう活かせるか。もっと言うと「新卒で入省した同い年の人になくて、自分にあるものは何か」。民間での経験で日本の農林水産業にどんな貢献ができるかは常に考えていました。

入省後は、農業経営や国際交渉、輸出促進など、希望を考慮していろいろな部署に配属してもらいました。経験を活かした仕事ができたことは嬉しかったですね。
■渡辺(中途採用・入省10年目)
転職・求人情報イメージ1
若手の意見を積極的に取り入れ、組織運営に活かしていくという上層部の考え方があり、若手がのびのびと活躍できる風土が生まれています。
転職・求人情報イメージ2
人が生きていく上で欠かせない、「食」を支える仕事です。日本国民の命を支えているという使命感を得ながら働く充実感があります。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

今回は、応募資格を満たせば経験や知識を問わない募集とのこと。では、どんな観点で見極めを行なっていくのでしょうか。取材では、この点についても伺いました。

渡辺さんによれば、「省庁の最大の特徴は、何をするにしてもとにかく関わる人が多いこと。一つの手続きを踏むために、何人もの人を経由しなければならないことも珍しくありません。その際に大切なのは、『常に相手本位のコミュニケーションを取れること』。この点は選考でも重視されるはずです」とのこと。

上役の意思決定を支援する場面が多い分、「誰に先に伝えたらスムーズに進むか」「周りの人を巻き込んでみよう」といった仕事の進め方が鍵になる仕事でもあるとのこと。BtoBの顧客折衝や、仕事上での交渉、コンサルティングなど間接的に人を動かす経験、一定規模の組織を動かした経験などはアピールできそうです。応募の際は、ぜひ意識してみてくださいね。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい■どこより直接的に、社会に貢献できる
民間企業でも社会に貢献する仕事は多くありますが、国家予算を動かす行政機関は、実現できることのスケールが異なります。新しい事業が認められた時、新しい法律が通過した時、そのどれもが誰かのためになっているという強い実感は、日々のモチベーションの源泉になります。

また、ビジネスの世界では「いかに利益を出すか」が非常に重視され、そのための計画を細部にわたって検討することが求められますが、行政ではあまりにミクロな考え方は評価されません。困っている人のために成し遂げなければならないこともあるからです。

むしろ、そのような仕事は行政にしかできません。「日本の未来のため」という大局的な観点で理想を掲げ、その実現のために突き進むことができる、青臭いことも堂々と語れることも省庁の魅力だと、お話を伺った渡辺さんは仰っていました。
厳しさ■さまざまな方向からの風当たりが気になることも
税金を使って仕事をするだけに、周囲からの見られ方はシビアです。民間企業ではちょっとしたミスで済まされることが、内容によってはマスコミに報道されたり国会で取り上げられたりする可能性もあります。影響力の大きさを自覚し、緊張感を持って仕事をしなければならず、プレッシャーを感じる場面は多いでしょう。

また、どんな法律も施策も、対象となる人全員が納得することはありません。良かれと思って企画し、苦労して立ち上げた事業なのに、別の分野からは批判を浴びるようなことも日常茶飯事。正解のない仕事だけに、どう取り組むべきか頭を悩ませる毎日が続きます。
この仕事の向き&不向き
向いている人他の省庁と比べて、農業・漁業従事者や小売店など、現場との距離が近い職場です。「第一次産業に強い関心があり、現場に直接貢献できる仕事がしたい」という方にぴったりです。省内外の人との交渉・調整がとにかく多い仕事でもあるので、「相手の立場に立ったコミュニケーションが得意」「マメな連絡や細かいすり合わせが苦にならない」という方だと活躍できそうです。
向いていない人行政は様々な調整を経て仕事が進みます。「指摘や批判を受けるのが苦手」「心がすぐに折れてしまい、なかなか立ち直れない」という方には合わないと思います。

会社概要農林水産省

設立 1978年(農林省から農林水産省へ)
代表者 農林水産大臣 江藤 拓
資本金 官公庁につき、資本金はありません。
従業員数 2万471名(2020年6月現在)
事業内容 生命(いのち)を支える「食」と安心して暮らせる「環境」を未来に継承するための政策の立案・実行

≪運営体制≫
◇大臣官房
◇消費・安全局
◇食料産業局
◇生産局
◇経営局
◇農村振興局
◇政策統括官
◇農林水産技術会議
◇林野庁
◇水産庁
◇その他地方出先機関
事業所 本庁│東京都千代田区霞が関1-2-1
ほか地方出先機関
農林水産省の取り組み(1) 【公式YouTubeチャンネル・BUZZ MAFF(ばずまふ)】
農林水産省の職員がYouTuberとして、我が国の農林水産物の良さや農林水産業、農山漁村の魅力を発信するプロジェクト。担当業務に関係なく、その人ならではのスキルや個性を活かして活動しています。

【政策Open Lab(オープンラボ)】
若手職員が関心のあるテーマでチームを結成し、時代の変化を見通した新たな政策立案を行なうプロジェクトです。業務時間の1~2割をプロジェクト活動に使うことができ、調査のための予算も活用できます。これまでに「3Dフードプリンタの活用」「棚田から始まる新たな農村振興」などのテーマが採択されています。
農林水産省の取り組み(2) 【チーム2050】
2050年に向けた長期的な視点から、さまざまなテーマの勉強会を企画・開催する若手職員有志によるプロジェクト。新進気鋭のベンチャー企業や農業者グループとのディスカッションなどを開催してきました。
企業ホームページ http://www.maff.go.jp/
採用ホームページ 農林水産省 私たちと一緒に働きませんか?
https://en-gage.net/maff_saiyo2

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
当ページよりエントリー ※今回の中途採用では通常の公務員試験は実施いたしません。
STEP2
履歴書・職務経歴書・小論文の提出
STEP3
筆記試験(適性検査)・面接試験 ※農林水産省にて実施
STEP4
内定
※今回の中途採用においては、通常の公務員試験は実施いたしません。書類選考と小論文、簡単な筆記試験、面接にて選考を行ないますので、幅広い方からのご応募をお待ちしております。
※現在、就業中の方もいらっしゃるかと思います。入省の時期については最大限考慮しますので、お気軽にご相談ください。

【応募書類について】
エントリー後、下記の応募書類を「連絡先」のメールアドレスまでご送付ください。メール以外の方法による応募(郵送等)は受け付けません。
※令和2年8月16日(日)必着

■小論文
これまでの職務経験における挑戦とその成果についてあなたが果たした役割やあなた自身が工夫した点について触れつつ、具体的に述べてください。また、当該経験や御自身の専門性をどのように活かし、農林水産省職員としてどのような貢献ができると考えているかを具体的に述べてください。(2000字以内)

■履歴書(写真貼付)
※連絡用に携帯電話番号およびeメールアドレスもご記載ください。

■職務経歴書(A4 1枚以内)
※これまでの職務経歴について、期間、業務内容(担当業務の詳細、実績等)やポジション(職位や部下の数等)を御記載ください。
応募受付方法 【応募期限:令和2年8月16日(日)必着】
まずは、エン転職の応募ボタンより、エントリーをお願いします。

その後、下記「連絡先」のメールアドレス( sogo_jimu@maff.go.jp )に応募書類を送付ください。メール送付にあたっては、件名に「総合職 事務系 係長級 応募」と記載の上、本文中に「エン転職経由での応募」である旨をかならずご記載ください。
面接地 〒100-8950
東京都千代田区霞が関1-2-1
連絡先 〒100-8950
東京都千代田区霞が関1-2-1
担当大臣官房 秘書課 採用担当/御厩敷(おんまやしき)、川端、八木
TEL03-6744-2001
E-MAILsogo_jimu@maff.go.jp
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、西田の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。