「株式会社地盤試験所/地盤調査スタッフ(調査のために穴を掘る仕事)◎年間休日126日◎残業月14時間程度◎賞与3.5ヶ月分」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、環境保全・管理・調査・分析の転職・求人情報が満載です!

地盤調査スタッフ(調査のために穴を掘る仕事)◎年間休日126日◎残業月14時間程度◎賞与3.5ヶ月分
株式会社地盤試験所
プロ取材
撮影スタッフと共に墨田区の本社を訪問し、現場部門長の根岸さんと経理人事の田村さんに取材しました。残業月14時間・完全週休2日制(土・日)と働きやすさも抜群。20年以上活躍する方も多いそうです。
エン転職 取材担当者
松宮
取材担当者-松宮
掲載期間20/06/2920/09/20
株式会社地盤試験所NEW

地盤調査スタッフ(調査のために穴を掘る仕事)◎年間休日126日◎残業月14時間程度◎賞与3.5ヶ月分

正社員職種未経験OK業種未経験OK学歴不問完全週休2日残業月20h以内内定まで2週間転勤なし
地盤調査スタッフ(調査のために穴を掘る仕事)◎年間休日126日◎残業月14時間程度◎賞与3.5ヶ月分イメージ1
建設物を建設する際は、地盤調査の実施が必要です。そのため、当社への需要が絶えることはありません。
今回は沖縄、次は宮城…我ら“全国穴掘り調査隊”。
俺たちの仕事は1年の2割が出張だ。1週間ごとに色んな土地を飛び回ってる。大手ゼネコンや官公庁から依頼を受けて、建設工事に不可欠な地盤調査をするために、今日も俺たちは日本全国に穴を掘りに行く。出張が終わったら必ず一度自宅に帰れるから、ホームシックになることだってないんだぜ?

だから、仕事も全然苦にならないってもんよ。作業は大体18時には終わり、その後はお待ちかねの自由時間。もちろん、出張先では土日も休みさ。だから、スタッフ一人ひとりが思い思いに自分の時間を楽しんでいるんだ。沖縄のときには一人で泡盛で晩酌する人もいたし、宮城のときには牛タンやずんだ餅を食べに仙台に出かける人もいたね。ホテルでゲームに熱中する人もいたかな。

え、肉体労働でキツくないかって?そりゃキツくないって言ったら嘘になる。ただ、そのぶん仕事終わりの一杯と風呂は格別であることは保証するよ。

ちなみに、調査隊には1日あたり1500円の出張手当、8000円の宿泊手当も出る。どうだ、君も隊員の一人として制服に袖を通してみないか?

募集要項

仕事内容
地盤調査スタッフ(調査のために穴を掘る仕事)◎年間休日126日◎残業月14時間程度◎賞与3.5ヶ月分
【地盤調査を行なうために、穴を掘ります】
大手ゼネコンなどの業者や官公庁が新しい建設物を建てる際に、土地に異常がないか、どのように設計したら良いかといったことを調査する必要があります。そこであなたにお任せするのが、地盤調査を行なうために掘削機を用いて地面に穴を掘るお仕事。掘削機は手動のものもあれば、自走するものもあります。

【仕事の流れ】
▼朝
トラックに資材や調査機器などを積み込み、現場へ。2~3名のチームで一つの案件を担当します。入社後は先輩と常に一緒に働くため、わからないことがあればすぐに質問できる環境です。

▼日中
現場に着いたら掘削機で地面を掘ります。安全管理や作業手順についてはチェック項目があるので、それに沿って進めます。穴を掘ったあとは、調査機器を操作するオペレーターの指示に従いながら作業を進めてください。

▼夕方
明日の作業の準備や機械の整備。現場記録写真の整理と日報の送信なども行ない、遅くとも19時には退勤できます。退勤後は出張先であれば宿舎でのんびりしたり、街に出かけたり、自由に過ごせます。

【仕事のポイント】
☆日本全国への出張があります。
北海道~沖縄までの全国への出張(1~2週間程度)があります。出張が終わるごとに自宅に帰ってこれるため、転勤することはありません。

☆徐々に調査機器の操作も教えます。
穴を掘る作業と並行しながら、2年ほどかけて調査機器の操作の仕方もイチから指導していきます。オペレーターとして調査機器を一人だけで扱えるようになるまでは約4年かかる予定です。
応募資格 【未経験の方、第二新卒の方、大歓迎!】
☆学歴、職種・業界経験は不問。全国出張に抵抗が無い方、歓迎します。

☆未経験から入社した先輩も多くいます。
募集背景 1973年の設立以来、日本全国で地盤調査や、建築現場における杭の試験などを行なってきた私たち。今までには、東京湾横断道路をはじめ、北海道横断自動車道、新千歳空港国際旅客ターミナルビルなど、様々な大型プロジェクトにも関わってきました。「耐震設計に力を入れたい」「液状化を防止したい」というニーズもあり、当社への依頼は増え続けています。無理な事業展開をせず、今後も堅実な経営を行なっていく予定です。ただ、この度調査スタッフ1名が一身上の都合により退職されることに。そこで今回、新たな仲間をお迎えすることになりました。この道10年以上のベテランがイチから指導していきますので未経験の方もご安心ください。
雇用形態 正社員
※3ヶ月の試用期間があります。期間中も給与・待遇に変わりはありません。
勤務地・交通
東京都墨田区江東橋1-16-2 チョーギンビル4階
※転勤はありません。
交通
東京メトロ半蔵門線・総武線「錦糸町駅」より徒歩6分
勤務時間 8:00~17:00(実働8時間、休憩1時間)
※残業は月14時間です。
※上記は現場に行くときの勤務時間。社内で勤務する場合は、9:00~17:30(実働7時間40分、休憩50分)になります。
給与 月給21万円以上+賞与年2回+各種手当
※経験やスキルを考慮の上決定します。
※残業代は全額支給します。
年収例
410万円/23歳/入社5年
600万円/37歳/入社14年
720万円/45歳/入社23年
休日休暇 【年間休日126日】
・完全週休2日制(土・日)
・祝日
・年末年始休暇(7日間)
・有給休暇
・慶弔休暇
・夏季休暇(3日間)
・産前産後休暇
・介護休暇
☆5日以上の連続休暇の取得可能!
福利厚生・待遇 ・昇給年1回(4月)
・賞与年2回(7月・12月)※昨年度実績:3.5ヶ月分
・決算賞与(9月)※業績による
・各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
・交通費全額支給
・資格手当
・資格取得支援制度(取得費用は会社負担)
・資格取得報奨金(例:1級土木施工管理技士:20万円)
・出張手当(1日1500円)
・宿泊手当(宿泊が必要な出張の場合、別途1日8000円を支給 ※海外の場合は1万円以上)
・時間外手当(全額)
・家族手当(配偶者月1万円、子ども月5000円)
・社宅あり(船橋付近の賃貸物件を会社が契約)
┗月2万5000円分の社宅補助金を支給します。また、敷金・礼金・更新料は会社負担です。現在は、船橋駅徒歩5分程の立地の1DKを用意しています。
・住宅手当(月1万2500円支給)
・役職手当
・報奨金
・退職金制度
・財形貯蓄
・社員持株
・制服貸与
・社内分煙
・社員旅行
大学教授による勉強会を実施 週に1度、当社の顧問の1人である大学教授による資格取得を目的とした勉強会を実施中です。大学教授ということもあって教え慣れているので、社員からも分かりやすいと評判。また、勉強会中は分からないことをすぐに質問できる距離感です。

資格取得のための費用は会社が負担しますし、見事、資格試験に合格すれば報奨金を支給します。たとえば、1級土木施工管理技士の資格を取得すると、報奨金として20万円を支給。スキルを磨くと、収入アップも叶います。
転職・求人情報イメージ1
こちらはハンドボーリングで土を採取している様子です。採取した土を分析や試験を行ない、土壌汚染状況、土の特性などを明らかにします。
転職・求人情報イメージ2
20年以上活躍しているベテランが多くいます。そんな先輩たちと常に一緒に働けるので、わからないことがあれば気軽に質問してください。

プロフェッショナル取材者のレビュー

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

取材で印象に残ったのは同社の安定性。同社は大手ゼネコンや官公庁、杭を作る「パイルメーカー」などのクライアントから多くの調査依頼が寄せられているそうです。その理由を取材では伺えました。

「3成分コーン貫入試験」とボーリング調査を同一マシンにより行なう地質調査の方法を新たに開発した同社。これは、今まで主流だった「ボーリング試験」よりもさらに精度の高い調査を可能にするもの。また、地質調査だけでなく、杭の性能評価試験(載荷試験)までできる会社は、国内に数社しかないのだそう。巨大な杭の試験をするための測定機械も自社で保有。新規参入が難しい市場で、設立以来多くの実績とノウハウを蓄積してきたために、クライアントからの信頼も厚いものになっているのです。

業界の中でも確かな強みを持ちながら、建設に欠かせない事業を手がける同社であれば、今回入社される方も安心して長く働いていけるのではないでしょうか。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい同社の手がける地盤調査は、あらゆる施設の建設工事を始める上で欠かせません。高速道路や橋、空港ターミナルビルなど大規模なプロジェクトも全て自分たちの調査からスタートするため大きな手応えや責任感を感じられるでしょう。大手ゼネコンや国道交通省といった官公庁の依頼も数多く受けているため、末永く地図に記され続けるような建物のプロジェクトに関わる機会も豊富です。「自分の携わったものが後々まで残るというのは、誇らしいですね」と社員の方も語ってくださいました。
厳しさ基本的に体力勝負のお仕事です。全自動の機械ではなく、自分でドリルを用いて穴を空けることも多くあるそうです。その際は、きちんとドリルを押さえておく必要があります。ただ、地盤が固いとドリルの反動も大きくなるのでかなり力を込めなければならず、作業に慣れたとしても、疲労や筋肉痛といった辛さは常に感じるとのこと。また、屋外での作業となるため炎天下の中で20kgほどの調査機材を運んだり、寒風が吹く中で数時間かけて作業したり…といったことも珍しくありません。
この仕事の向き&不向き
向いている人2~3名のチームで働くことになります。そのため、周囲ときちんとコミュニケーションを取りながら協力して働ける方に向いています。また、1年のうちたまに約1週間の出張があり、色んな土地へ行きます。出張先では退勤後や休日は自分の好きなように過ごせるそう。長期出張にも抵抗が無い方に向いています。
向いていない人同社は現在行なっている事業をもとに堅実な経営を続けていくお考えです。そのため、「新規事業に携わりたい」「どんどんキャリアを高めていきたい」といった方には向いていません。

会社概要株式会社地盤試験所

設立 1973年10月17日
代表者 代表取締役 金道繁紀
資本金 5000万円
従業員数 41名(2020年6月時点)
売上高 9億円(2019年9月期実績)
7億9600万円(2018年9月期実績)
事業内容 ■支持力のトータルサービス(杭の載荷試験、地盤の平板載荷試験)
■土壌環境のトータルサービス(現地計測、地盤調査・コーン貫入試験)

【登録】
建設コンサルタント:建23第7179号
地質調査業登録:(質-25)第1083号
建設業登録:都知事(般-27) 第57421号 さく井工事業
品質システム:ISO 9001:2008 JQA-QMA12742
事業所 東京都墨田区江東橋1-16-2
主要取引先 国土交通省・環境省・東京都・墨田区役所・全国地方自治体
(財)鉄道総合技術研究所・(独)鉄道建設運輸施設整備支援機構・
東日本高速道路(株)・西日本高速道路(株)・
(独)都市再生機構港湾技術研究所・東京電力(株)・
ゼネコン各社・建設コンサルタント
設計事務所・機械メーカー・鋼管杭メーカー・既製コンクリートパイルメーカー
企業ホームページ http://www.jibanshikenjo.co.jp

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
Web履歴書による書類選考
STEP2
面接(1~2回)+適性テスト
STEP3
内定
※書類選考から内定まで2週間以内、入社まで1ヶ月以内を予定しています。
※面接日時はご相談に応じます。18時以降の面接も可能です。現職の都合などある方はお気軽にお知らせください。
※最短で7月の入社が可能です。それ以降にご入社希望の方も、お気軽にご相談ください。
面接地 〒130-0022
東京都墨田区江東橋1-16-2 チョーギンビル4階
連絡先 〒130-0022
東京都墨田区江東橋1-16-2 チョーギンビル4階
担当田村
TEL03-5600-2911
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、松宮の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。