ITエンジニア(案件・収入の希望に柔軟に対応)★年間休日120日、賞与実績3~4ヶ月分!
アドバンテージ株式会社
アドバンテージ株式会社
募集職種
ITエンジニア(案件・収入の希望に柔軟に対応)★年間休日120日、賞与実績3~4ヶ月分!
転職者インタビュー詳細

面接というより、まるで人生相談でした。

ITエンジニア(システム開発部)
立石 勇二郎(仮名)

大阪府出身。40歳。前職は30~50名規模のIT企業にてエンジニアとして活躍。上司との人間関係に不満を抱き、転職を決意。アドバンテージ株式会社に転職。入社13年目を迎える。趣味はテレビゲーム。休日はゲームに没頭したり、同僚と旅行したりして過ごす。

前職
ソフトウェア・情報処理業界
エンジニア(Web・アプリ・オープン系)
転職後
ソフトウェア・情報処理業界
エンジニア(Web・アプリ・オープン系)

転職理由と、この会社に決めた理由

社長自身が、社員一人ひとりの人生にまで向き合ってくれる。そう感じたのが入社の決め手です。

私は以前もIT企業でエンジニアとして働いていました。当時の会社は社内の人間関係が希薄で、ほぼ自社内開発だった分、余計にそう感じる場面が多くて。社長に至っては、社内にいるのかいないのか、どんな声だったかすら分からないほどです。おそらく、上の人たちは社員にあまり関心がなかったんじゃないかと思います。

その点、当社はまさに対照的です。面接では社長と直に話をしたのですが、その内容は面接というよりも人生相談。私が「結婚したばかりなので、経験に見合う収入がほしい」と希望したところ、「では、給与はこうしましょう」と、その場で提案・即決してくれて。また「今の会社に息苦しさを感じる」などの悩みもすべて受け止めてくれて、入社後の働き方・キャリアを提案してくれたんです。その風通しの良さは、入社13年目の今も変わりませんよ。

仕事の感想と、入社してよかった点

転職者インタビューイメージ1
クライアント先での常駐案件を経験し、今では自社内での受託案件に携わっています。社外・社内で働きながら感じるのは、やはり会社に「こうしたい」「こうなりたい」と自由に発言できる風通しの良さですね。

社長は常に「思っていることは何でも口に出してほしい」とおっしゃる方で、実際に社員の声を拾うために常駐先まで顔を出してくれるほどです。案件の希望もすぐに叶うかどうかは案件次第ではあるものの、希望の案件に携わるために必要なスキルを学ぶ社内勉強会を開くなど、社員の声にしっかり向き合ってくれる姿勢をとても信頼しています。

また現場の意見を拾い上げては社長に届けてくれる“専任サポーターさん”の存在も大きいですね。私もよく「ご飯行きましょう」と誘い、働き方の希望を社長に届けてもらっていました。そんな社長と現場の“橋渡し役”をしてくれる方がいる職場って、そう多くないと思いますし、とても安心できると思いますよ。

中途入社だから分かる社風・カルチャー

「自分はこうしたい」という考えや個性を持った人が多い職場だと思います。おそらく、最初からそうした方ばかりが入社したというよりは、当社の「自分はこうしたいと発信できる社風」が、社員一人ひとりの考えや個性を育んでいるのではないでしょうか。実際、仕事終わりにみんなでご飯に行って、仕事の相談や今後のキャリアについて意見を出し合うのも、前職の頃にはあまりなかった経験です。

また、そうした場で出た意見が、ただの“飲み会の場でのグチ”みたいな感じで終わらないのも当社の良いところ。例えば、社員同士の飲み会に上司を誘うのって、少し気が引けたりしませんか?でも、“専任サポーターさん”に「ご飯行きましょうよ」という電話が絶えないのも、みんなが「ちゃんと意見すれば、会社が耳を傾けてくれる」と信頼している証です。コミュニケーションを通じて、会社と社員が一緒により良い職場をつくる。そんな風土が根付いていると感じます。
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、鎌田の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。