キャラクターイベントのプロデューサー(アニメイトグループ)
株式会社ムービック・プロモートサービス
株式会社ムービック・プロモートサービス
募集職種
キャラクターイベントのプロデューサー(アニメイトグループ)
転職者インタビュー詳細

エンタメは暮らしに不可欠ではない。「+α」なんです。

企画制作職(主任)
菊池 麻里

社会人経験8年。同社では4年目を迎え、主に小・中規模イベントを手掛けるSPチームで主任を務める。大学では、文学部で日本文学を専攻。文学や書籍に近しい分野ということで、印刷・出版業界を志望し、卒業アルバムの制作会社へ入社する。職種は、営業と制作進行。学校の生徒さんを撮影に出かけたり、思い出をアルバムに残したり…仕事にやりがいは感じていたものの、自身のやりたいことを見つめ直し転職を決意。ちなみに趣味は観劇・マンガ・音楽のライブなど、私生活でもエンタメを愛している。

前職
デザイン・印刷業界
法人営業
転職後
広告・PR・SP・イベント業界
商品企画、商品開発

転職理由と、この会社に決めた理由

前職の、卒業アルバム制作の仕事も大好きでした。人の思い出に残る誇れる仕事だったので。ですが、もっと直接的に人に喜んでもらえる仕事に就きたいという想いも募っていきまして。そこで挑戦したのが元々憧れていたエンタメ業界。アニメイトグループの存在は知っていて、私もそこで感動や喜びを提供する側になれたら素敵だなと思ったんです。

業界未経験なので、きっと経験のある方が優遇されるのだろうと勝手に不安に思っていましたが、全くの杞憂でした。面接の後から入社以降、未経験の私を心から歓迎してくださったことを今でも鮮明に覚えています。

仕事の感想と、入社してよかった点

転職者インタビューイメージ1
エンタメを提供したいという想いは、もちろん成就しました。ただ、その嬉しさは想像以上。イベントって実は衣食住と違って「無くても困らないモノ」だと思うのですが、だからこそ、敢えてそれを求めるお客様には、強い想いがある。人の人生を豊かにするための「+α」の部分を提供できているんだなと実感しています。特に当社の場合は、ひとつの作品に限らず、幅広い作品やクリエイターと関わる事ができるのが嬉しいですね。

そんなやりがいを存分に味わえるのも、当社ならではだと思います。たとえば「まだ版権を得ていないキャラクター」でイベントを企画したいと思ったら、自ら権利元に企画を持ち込んで交渉するなんて事も普通です。そうした動きを取ってきた先輩たちの背中も見てきていますし。すごい仕事をたくさん残してくれているんですよ。それこそ色々な作品のエンドロールやパンフレットに先輩の名前を見つけたりすると、嬉しいし闘志も湧きますよね。

中途入社だから分かる社風・カルチャー

労働環境は意外と良くて合っていると思いました。業界柄、土日出勤や、勤務時間の上下はあるのですが、裁量労働制なので、慣れれば自己管理が可能です。前日遅くまで頑張ったから遅めに出社しようとか、今週は土日に出たから平日に休んで旅行に行こうとか。自分でスケジュール管理ができる人にとってはとても快適だということは、力説したいです。

社風は、先輩や上司が厳しくも優しい。例えば自分のプランを上司に伝えた時、それが誤った判断なら、自分の経験を元に筋道立てて指摘をしてくれます。それに部下を守ってくれます。新人時代、私のミスを上司に報告しなければならなくなった時、先輩が「私の指導不足が原因です」と庇ってくれたことは今でも覚えています。先輩も、そうやって守ってもらったから、後輩にもそうしてあげたいんだと語ってくれました。だから私も、新人さんのことはいい意味で優しく、必要に応じて厳しく(笑)、丁寧に教えたいですね。
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、田畑の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。