「氷見市役所/氷見市の副市長」の転職・求人・仕事情報。日本最大級の【エンジャパン】の転職サイトには、団体職員の転職・求人情報が満載です!

氷見市の副市長
氷見市役所
撮影者と氷見市役所に訪問し、市長の林さん、現在副市長を務める小野さんに取材。氷見市が掲げるビジョンや、今回の選考基準についても話を伺いました。是非「トップメッセージ」「選考のポイント」もご覧ください。
エン転職 取材担当者
取材担当者-角
掲載期間20/02/1320/03/11
氷見市役所

氷見市の副市長

その他職種未経験OK業種未経験OK学歴不問転勤なし
氷見市の副市長イメージ1
雄大な自然と、素朴で温かな市民が氷見の自慢。この地で、あなたが来る日を心待ちにしています。(市長より)
求む。氷見市を動かす、新たな風。
富山県の西北、能登半島の付け根にある、氷見市。
ひっそりと佇む小さなまちですが、富山湾と立山連峰を望む絶景は、人々の心を癒します。また、定置網で獲れた「氷見寒ブリ」は全国の食通からも一目を置かれる存在。豊かな自然の恩恵を受ける、日本に誇る美しい市です。

しかし、同時に大きな課題も抱えています。かつて6万人を超えていた人口は、現在4万7000人にまで減少。1年間の出生数は200人を切り、若者の転出も止まらない状況です。日本に「地方創生」の旗が高く掲げられて5年余り。これまでも様々な取り組みを行ない、一部効果を上げているものの、少子高齢化を食い止めることはできておりません。

この問題に一石を投じたい。それが、氷見市の今いちばんの願いです。そこで、氷見市における地方創生をあなたにお任せします。時には市長に意見し、時には市民を巻き込んで大きな波を起こす。そんな存在を欲しています。唯一の副市長として幅広い業務に携わるため、得られる手応えは言わずもがな。組織を導いてきたその経験、市政で発揮してみませんか。

募集要項

仕事内容
氷見市の副市長
■氷見市の副市長として、主に地方創生における各種施策・プロジェクトを推進・統括していただきます。市が掲げる「住みたいまち」「働きたいまち」「育てたいまち」というビジョンの実現に向けて、市長とともに市政を率いてください。

◎地方創生施策などの企画・実行
氷見市の最大の課題は、人口減少。その要因となっている「若年層の転出」「出生数の減少」に対して、有効な手立てを考え、実行していただきます。2020年度はすでに予算の大枠の使い方が決まっていますが、翌年度からは予算案の作成からイニシアチブを発揮していただきます。実行にあたっては、市役所の各部局や民間企業などとの連携・指揮も行ないます。

◎市政全般のマネジメント
市長を補佐し、市役所全体のパフォーマンスを最大化できるよう、市役所全体のマネジメントをお任せします。また、市政全般や子育て、都市計画など、担当する市政課題ごとに存在する各種計画などのフォローアップを、担当部局と協働して行なってください。

◎外部との連携を要するプロジェクトの企画・実行
市のブランド価値の創出や、雇用の創出などにも取り組んでいきます。そこで、全国の民間企業との連携、企業誘致など、高度な折衝や調整が必要な施策の推進をお任せします。市長及び担当となる部局長と協働し、幅広い利害関係者との調整を行ないながらプロジェクトを進めてください。
応募資格 以下の3点を満たす方
1)日本国籍を有する方
2)何らかの組織にてマネジメント経験がある方(経験年数や規模は不問です。)
3)民間企業、官公庁などにおいて、正社員・正職員又はそれに準ずる経験が10年程度以上ある方
⇒何らかのプロジェクトにおいて「企画立案・運営・実行」を手がけてきた方などを想定しています。

※地方自治法第164 条に定める副市長の欠格事由に該当する方は応募できません。
※学歴不問。職種・業種未経験の方を歓迎します。
募集背景 ■氷見市の未来を、形づくってください。
地方創生の旗が高く掲げられて5年あまり。富山湾に面した漁業のまち氷見市では、進む人口減少と少子高齢化に立ち向かうべく、国に先駆けて子育て世代への支援など対策を進めてまいりました。一部効果は見え始めているものの、人口減少は変わらず進んでいる状態です。

市が掲げる「住みたいまち」、「働きたいまち」、「育てたいまち」を目指すというビジョン、そして地方創生において「全国のモデルとなるようなまちづくり」を実現するため、この度新たな副市長を公募にて採用することを決定しました。一緒に氷見市の未来を創っていただける方、お待ちしています。
雇用形態 特別職・常勤
※任用期間:市議会の同意後、任命の日から4年間
勤務地・交通
氷見市役所/富山県氷見市鞍川1060番地
※転勤はありません。
交通
・氷見市内からのアクセス
「氷見駅前」より市街地周遊バス、または「氷見駅口」より加越能バスに乗車、「氷見市役所前」下車すぐ

・高岡市からのアクセス
「高岡駅4番のりば」より加越能バスに乗車、「氷見市役所前」下車すぐ
「新高岡駅南口2番のりば」より加越能バスに乗車、「氷見市役所前」下車すぐ
勤務時間 特別職のため、勤務時間の定めはありません。
※但し、8:30~17:15の時間帯を基本に公務との調整になります。
給与 月給67万円+期末手当
※期末手当は159万4600円を2期支給。ただし、就任後の最初の支給分については、 在職期間に応じて減額された額となります。
※令和2年4月1日現在の給与額(見込み)であり、改定される場合があります。
※退職手当あり
年収例
1011万円
休日休暇 特別職のため、休暇の定めはありません。
※休暇は公務との調整になります。
福利厚生・待遇 賞与(期末手当)年2回(6月・12月)※昨年度実績3.35ヶ月分
退職手当
富山県市町村職員共済組合
厚生年金保険
地方公務員災害補償基金
退職手当(48ヵ月の任期で退職した場合:750万円)
赴任旅費(※引越し経費。住まい探しをサポートします。)
市役所内禁煙
マイカー通勤可(駐車場完備・有料)
転職・求人情報イメージ1
市長が持っているのは、ひみ寒ブリ。撮影用のレプリカですが大きさは実物大。脂の乗り方が格別な、氷見が誇る産物です。
転職・求人情報イメージ2
今期で任期満了となる現・副市長の小野です。あなたが職務に慣れるまでは周りがサポートします。小野も引き継ぎも含めて、いつでもご相談に応じます。

取材担当者のコメント

動画でCheck! 職場風景
取材から受けた会社の印象

市域の6割を森林が占める氷見市。豊かな里山と雄大な海に囲まれた地形は、「日本のフィンランド」とも呼ばれているそうです。そんな氷見は、今ではスタンダードとなっている「越中式定置網」発祥の地。寒ブリをはじめ、マグロやイワシなど海の幸に恵まれた漁業のまちです。また今後は、漁業にITを取り入れる新たなプロジェクトも進めていきたいというお話でした。さらに、ユネスコの後援をうけているフランスのNGO「世界で最も美しい湾クラブ」にも加盟している富山湾。美しい景観も資産のひとつとのことでした。市長と副市長から交互に語られる氷見市の魅力の数々。この街への想いの大きさを、ひしひしと感じました。

また氷見市民についても伺ったところ、真面目なタイプの人が多めとのこと。皆が粛々と生活する穏やかな街なのだそう。そのため、非常に住みやすいというお話もありました。思わず誰かに話したくなる、魅力の多い市だと感じた取材でした。

この仕事のやりがい&厳しさ
やりがい■唯一の副市長だからこそ、仕事で得られる手応えも大きい。
市長を間近に支える存在として、施策の企画や運営から市役所の統括まで、一手に担うことになります。だからこそ、自分が考えた施策の成果などもダイレクトに感じることができるでしょう。例えば現在の副市長は、市外の人々に氷見市を知ってもらうきっかけを作るべく「ふるさとワーキングホリデー」というイベントをイチから企画。県外から大学生などを呼んで、職業体験を通して食べ物の美味しさや伝統文化を知ってもらったのだそう。そのときの参加者は今も観光に来てくれているとのこと。氷見市を世に広めているという実感を、肌で感じられるでしょう。

■市民の方々との距離が近く、温かな声をいただけることも。
人口4万7000人と小さな街のため、市民の方々との距離も近いとのこと。現副市長の小野さんは、お祭りなどのイベントに参加すると「小野君が副市長になってくれて良かった」「頑張ってるね」と声をかけられることも多いのだと仰っていました。市民の方々の反応・反響を直に感じられるのも、氷見市の副市長ならではの特徴と言えそうです。
厳しさ■リソースをうまく活用する難しさと、その中で高い成果が求められる大変さ。
人口が少なく、財政基盤は盤石とはいえない氷見市。税金だけでなく、ふるさと納税や国・県の各種交付金の活用など、新たな財源の活用なども検討に入れている状況です。また、市職員の数も限られています。この限られた資源をどう使っていくか、頭をひねる難しさを感じるでしょう。予算がないために、本来やりたいことができないという葛藤に苦しむこともあるでしょう。そんな中でも、氷見市の深刻な人口減少を食い止めるため、成果は求められます。制限がある中で結果を出していく大変さを感じるかもしれません。
この仕事の向き&不向き
向いている人一定の条件を満たせば、どなたもチャレンジ可能な副市長募集です。また、市民福祉の向上のために尽力しようとする、奉仕の精神がある方を求めているとのこと。そのため「経験や人脈を、社会のためになる仕事で発揮したい」という方におすすめします。

また、前例に囚われることなく、豊かな発想で市の行政に新しい風を吹き込んでいくことが期待されています。「発想力やアイデアを活かせる仕事がしたい」という方におすすめします。
向いていない人施策を動かしていくためには、人々の理解を得ながら組織を動かすことが必要になります。「ワンマンで人を動かしてきたタイプだ」「自分の意見を何よりも優先させたい」という方には向きません。

会社概要氷見市役所

設立 1952年(昭和27年)8月1日  ※氷見市市制施行
代表者 氷見市長 林 正之
資本金 官公庁のため、資本金はありません。
従業員数 400名(平成31年4月時点)
事業内容 富山県氷見市における各種行政サービスの提供
事業所 氷見市役所/〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地
企業ホームページ https://www.city.himi.toyama.jp/
採用ホームページ 富山県氷見市役所
https://en-gage.net/himi_saiyo

応募・選考について

入社までの流れ
STEP1
Web履歴書による書類選考(応募〆切:令和2年2月29日)
STEP2
一次面接
STEP3
適性検査+課題(レポート作成)
STEP4
最終面接
STEP5
内定 ◎選考より1日~2日で選考結果をお伝えいたします。
※※応募の受付は、令和2年2月29日までとなります※※
◎令和2月20日(木)に説明会を行ないます。合否については全く関係ございませんので、ご安心ください。ご都合がよろしければご参加いただきたいと考えています。詳細は別途ご連絡いたします。

【一次面接について】
令和2年2月24日(月)令和2年2月29日(土)
└上記2日程は、終日面接を実施予定です。また、この前後の日程(平日を含む)でも実施予定です。面接の日時は相談に応じます。また、結果は3月1日までに通知いたします。

【適性検査+課題について】
◎適性検査…Web上で30分程度で完了いたします。こちらの結果は合否判断には影響しません。
◎課題…人口減少対策、そして『人口が減少しても幸せに暮らせるまちづくり』に向けて、ご自身のこれまでの経験を踏まえ、氷見市の副市長という立場で、どのように取り組みを進めていきたいか、A4用紙1枚(1,500文字程度)で最終面接前日までに指定のアドレスに送付していただく予定です。

【最終面接について】
令和2年3月7日に実施予定です。スケジュールの都合上、1日程のみとなります。予めご了承ください。

【入職時期について】
就任の時期については、3月議会に提出予定の選任同意議案の議決を経て、4月1日以降を予定しています(具体的な就任の時期については、応相談となります)。

※当求人への応募は「エン・ジャパン株式会社」を通して受け付けさせて頂きます。
エントリー後の流れについては、同社よりメール・お電話等にてご連絡させて頂きます。
また、今後のご連絡のためにエントリー時に頂いたレジュメ及び応募に関してご記入頂いた個人情報を同社に開示させて頂きますので予めご了承ください。
応募受付方法 当ページよりご応募ください。こちらから追ってご連絡いたします。
面接地 【一次面接】Web面接(SkypeまたはZoomを予定しています)※氷見市役所での実施も可能です。
【二次面接】氷見市役所/〒935-8686 富山県氷見市鞍川1060番地
連絡先 エン・ジャパン株式会社/東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
担当エン・ジャパン株式会社(氷見市役所)採用事務局
E-MAILsaiyo-assist-info@en-japan.com
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、角の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。