フィットネス業界メディアの広告企画営業 ◎未経験歓迎!月給25万円以上!
株式会社クラブビジネスジャパン
株式会社クラブビジネスジャパン
募集職種
フィットネス業界メディアの広告企画営業 ◎未経験歓迎!月給25万円以上!
トップメッセージ詳細

フィットネスを通じて、日本を活気あふれる社会にしたい。

代表取締役社長
古屋 武範

1962年生まれ。山梨県甲府市出身。早稲田大学ではサッカー部に所属。大学卒業後、セノー株式会社(現ミズノ株式会社)入社。企画・広報・国際関連業務を担当する。2002年、株式会社クラブビジネスジャパンを設立。代表取締役社長兼編集発行人として『フィットネスビジネス』を創刊する。経済産業省「グローバル サービス座談会」委員を歴任。フィットネスベンチャー研究会(FVL)共同主宰者。テレビ・ラジオへの出演、新聞・雑誌への記事掲載、司会・講演・寄稿・執筆も多数。

我が社の現状と今後の展開

近年の健康ブームで、フィットネス業界の市場規模は拡大を続けています。2018年は前年比4%増の4800億円で、会員数は前年比11%増の514万。そんな業界において、当社では『月刊NEXT』などのメディアを通じ、フィットネスクラブ経営・運営企業を強力にサポートしています。ここ最近、フィットネス業界は「ボディメイクをしたい」「やせたい」「体力をつけたい」などニーズが多様化。経営者やトレーナーに情報を提供している当社には、大きな期待が寄せられています。

現状、当社のビジネスはフィットネス分野の雑誌やWebサイトなどのメディア事業が中心。今後は、「こんなフィットネスがしたい」という人と、そのトレーニングを提供できる施設やトレーナーを結びつけるマッチングのサービスにも取り組んでいきたい。このようにして、フィットネス業界の発展をしっかりと支えられる会社を目指します。

仕事をする上で大切にしていること

トップメッセージイメージ1
ユーザーが本当に求めている価値とは何かを、主観的だけではなく客観的な視点を持って考え、行動することを大切にしています。当社はメディアを持つ会社。フィットネスクラブの経営者やトレーナーの方々に、メリットとなる情報を提供していくことが求められます。それに必要なのは現場を知ること。これまで数多くのフィットネスクラブを見てきましたが、経営者や現場のトレーナーの中には利用者のニーズを理解していない方もいらっしゃいました。近年のフィットネスブームから施設の数は増えていますが、継続して通ってもらうには利用者に満足してもらわなければなりません。私たちとしては、今後も現場をしっかり見つめ、マシンの正しい使い方や流行のトレーニング法といった基本的なことからしっかり伝えていきたいと考えています。

今回入社される方に期待すること

フィットネスを通じて、日本を活気ある社会にしていく。そんな当社のビジョンを理解し、仕事に取り組んでいただける方にお越しいただきたいと思っています。少子高齢化が進む日本は、社会保障費における医療費の支出が著しい勢いで増加。こうした社会で求められるのは、国民が健康な体を手に入れることであり、そのカギとなるのがフィットネスクラブです。業界を盛り上げていくために、自分たちにできることは何か。主体的に考えて、行動していただきたいですね。フィットネスに興味を持っている人は、増え続けています。同じ気持ちを共有できる人たちが多く、社会的、身体的、精神的につながりを作ることができる。それが、フィットネスの魅力の1つだと私は信じています。フィットネスを楽しむ人を1人でも多く増やすために、一緒に頑張っていきましょう!
個人名の表記について
企業に1週間だけあなたのパーソナルシートが公開されます。企業から、応募のお願いや、レジュメ入力リクエストが届く可能性があります。
エン転職は、世界一 信頼性の高い求人情報を目指しています。
エン転職は、求人企業が発信する情報にエン転職取材担当、長妻の取材によるコメントを加え、さらに元社員や現社員からのクチコミ情報など多角的な情報を収集し、より信頼性の高い求人情報を提供しています。
もし、求人情報の掲載内容と事実に相違があった場合はエン転職事務局までご連絡下さい。調査の上、対応いたします。入社後に判明した相違点についても、情報をお寄せください。