公益財団法人名古屋市文化振興事業団

会社概要

  • 設立 1983年7月1日
  • 代表者 理事長 平野 幸久
  • 資本金 6000万円
  • 従業員数 199名(正職員:75名、嘱託職員26名、臨時職員98名) ※2016年9月現在
  • 事業内容 ■文化施設等を活用して、市民が文化芸術に触れる機会と場を提供する事業 ■表彰等の実施、活動の場の提供及び相談助言を通じて、芸術家及び文化芸術団体等の創造活動を支援する事業 ■文化芸術に関する情報を収集し、市民に提供する事業 ■その他この法人の目的を達成するために必要な事業 ※施設の詳細は、当事業団ホームページを参照してください。

この会社のクチコミ・評判

エン・ジャパンが運営するクチコミサイト「カイシャの評判」の情報を掲載しています。会社の良い点・気になる点が両方わかるクチコミや、会社の特徴、平均年収等の詳細データなど、社員・元社員からのリアルな会社情報もぜひ参考にしてください。
社員・元社員からのクチコミ
良い点
2016年頃
仕事のやりがい
20代 / 女性 / 現社員(正社員) / その他
小劇場の仕事はお客様と直接、接する機会に恵まれているため、自分の仕事の結果が、「お客様の反応」としてダイレクトに返ってくる事が多いです。1から企画した事業が地域に密着していく喜びは他の仕事で中々味わえないものだと思います。
良い点
2016年頃
仕事を通じた成長
30代 / 男性 / 現社員(正社員) / 企画・事務・管理系
様々な文化関係者とのコミュニケーションの機会があるため、多くの刺激を受け取ることができる。自らが企画した事業を最後まで遣り通す経験は達成感と共に自らの成長を感じることができるものである。
良い点
2016年頃
仕事のやりがい
30代 / 男性 / 現社員(正社員) / その他
技術担当(劇場管理)としての視点ですが、直接舞台の進行・演出に携わる職務です。自分自身の技術・知識・経験がお客様の感動に直結するため、大変やりがいのある仕事です。
気になる点
2016年頃
事業での社会貢献
20代 / 女性 / 現社員(正社員) / その他
「名古屋市の文化振興に寄与する」という事業団の特性上、常に地域と密接に関わり合う事を意識する必要があります。劇場の課題として、一部の方だけではなく、包摂的に仕事の成果を市民の皆様に還元していかなくてはならない難しさがあります。
気になる点
2016年頃
給与水準
30代 / 男性 / 現社員(正社員) / その他
私どもの職場だけではなく、この業種全体の問題となりますが、施設の運営を行う場合、指定管理者制度により、4~5年ごとの競合となります。そのため、業界全体として、低所得化が進んでいます。

クチコミについての、企業からのコメント

コメントありがとうございます。

名古屋市全体の文化振興を意識した取り組みが必要となる点は確かです。
偏りないバランス感覚が必要になります。
2016.10.5 回答
評判スコア6人の社員・元社員の回答より
職場の
人間関係
承認・賞賛
する社風
仕事を通じた
達成感
仕事を通じた
成長感
責任・権限
のある仕事
本業での
社会貢献
の実感
給与・年収の分析レポート
回答者の平均年収
--万円
平均年齢:--歳
0人の社員・元社員の回答より
回答者の納得度
--
※ 回答者の平均年収になるため、実際の平均年収とは異なります。
勤務時間・休日休暇の分析レポート
回答者の平均勤務時間
8時間未満
6人の社員・元社員の回答より
回答者の納得度
82
※ 回答者の平均勤務時間になるため、実際の平均勤務時間とは異なります。
福利厚生の分析レポート
福利厚生全般の納得度
82
6人の社員・元社員の回答より
社内制度の分析レポート
教育・研修制度
76
6人の社員・元社員の回答より
仕事・キャリアの分析レポート
自分のやり方で仕事が進められるか、進め方にルールがあるか
どちらかと言うと
自分のやり方で
進められる
5人の社員・元社員の回答より
自分のやり方で
進められる
仕事の進め方に
ルールがある
職場の雰囲気の分析レポート
挑戦的な社風か、堅実な社風か
どちらとも
いえない
5人の社員・元社員の回答より
挑戦的な社風
堅実な社風

掲載再開時にメールが受け取れる、過去に募集していた転職・求人情報※掲載再開時にメールを受け取れる求人とは

劇場などの施設管理スタッフ ◎文化施設の運営からイベントの企画までを担当します。◎正職員登用制度あり
給与月給19万5200円 ◎年2回 期末勤勉手当(昨年度実績:4.1ヶ月分)を支給。
勤務地事務局本部、または21ある文化施設のいずれかに配属(すべて名古屋市内)◎転居を伴う転勤なし。