一般財団法人海上災害防止センター

会社概要

  • 設立 2013年7月 ※2013年10月独立行政法人から事業を継承。
  • 代表者 理事長 岩男 雅之
  • 資本金 一般財団法人のため、資本金はありません。
  • 従業員数 70名
  • 事業内容 (1)排出油等防除措置の実施業務 (2)船舶所有者その他の者の委託による排出油等の防除、消防措置等の実施業務 (3)海上防災措置に必要な船舶及び資機材(油回収船、オイルフェンス、油処理剤、油吸着材等)を保有し、船舶所有者その他の者の利用に供する業務 (4)船員等に対する防災訓練の実施業務 (5)海上防災措置に関する調査研究業務 (6)海上防災措置に関する情報収集、整理及び提供する業務 (7)海上防災措置に関する指導及び助言業務 (8)海上防災措置に関する国際協力の推進に資する業務 (9)(1)~(8)の業務に附帯する業務 (10)湖沼、河川等における(1)~(9)の業務に類似する業務

この会社のクチコミ・評判

エン・ジャパンが運営するクチコミサイト「カイシャの評判」の情報を掲載しています。会社の良い点・気になる点が両方わかるクチコミや、会社の特徴、平均年収等の詳細データなど、社員・元社員からのリアルな会社情報もぜひ参考にしてください。
社員・元社員からのクチコミ
2015年頃
会社の安定性
40代 / 男性 / 現社員 / 医薬・化学・素材・食品系専門職
防災に関する事業をしている会社は、いろいろあると思いますが、陸上、海上を問わず全国で災害に対応する会社は他にはないと思います。油やケミカル等の漏洩や火災に対応できる知識や能力を有し、実際に対応できる唯一の会社です。今後、さらに成長が期待できる分野です。
2015年頃
事業での社会貢献
40代 / 男性 / 現社員 / その他
船舶火災や油等の流出事故に対応する民間の中核機関として設立された会社であり、国の防災の一翼をになっている公共性、公益性の高い会社です。全国で唯一の海上防災訓練施設を有し、これほどの規模で実際の火災に即した訓練を実施できる施設は他にはありません。訓練・実習は大変ですが、企業における防災意識が高まっている中、非常にやりがいがある仕事です。
2015年頃
事業での社会貢献
20代 / 男性 / 現社員 / その他
仕事を通して地球環境に貢献できることが大きなやりがいであると思います。日々の仕事を通して、環境に貢献できていると感じる仕事は中々他にはないと思います。

掲載再開時にメールが受け取れる、過去に募集していた転職・求人情報※掲載再開時にメールを受け取れる求人とは

防災訓練所職員(教官候補)
給与大卒以上/月給20万円以上、短大卒/月給17万円以上、高卒/月給16万円以上
勤務地神奈川県横須賀市新港町13番地 ※京浜急行電鉄本線「横須賀中央駅」より徒歩10分
経理事務 ※離職期間や前職の企業規模などは不問です。
給与固定給制 月給23万円以上 ※経験・能力を考慮し、決定します。 ◎30歳(入社5年目)/550万円
勤務地本部/神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル ※内部異動あり。