1. エン転職TOP
  2. 転職 エンジニア系(IT・Web・ゲーム・通信)
  3. 転職 システムコンサルタント、プリセールス
  4. 転職 システムアナリスト
  5. 厚生労働省の転職・求人情報

厚生労働省

会社概要

  • 設立 2001年1月6日
  • 代表者 厚生労働大臣 加藤 勝信
  • 資本金 公的機関のため資本金はありません。
  • 従業員数 3万人(2022年12月時点)
  • 事業内容 この国に暮らす、すべての人が安心して暮らし、働くことができる社会を目指すために、社会福祉、社会保障、公衆衛生の向上・増進と、働く環境の整備、職業の安定・人材の育成を総合的・一体的に推進します。また、少子高齢化、男女共同参画、経済構造の変化などに対応し、社会保障政策と労働政策を一体的に推進します。

この会社のクチコミ・評判

エン・ジャパンが運営する会社口コミプラットフォーム「Lighthouse(ライトハウス)」の情報を掲載しています。会社の強みを可視化したチャートや、社員・元社員によるリアルな口コミ、平均年収データなど、ぜひ参考にしてください。
社員・元社員からのクチコミ
2022年時点の情報
回答者:30代 / 女性 / 現職(回答時) / 中途入社 / 正社員
2022年時点の情報
企業カルチャー・社風:
安心して働ける環境です。まじめな方、面倒見のよい方、多いです。他部署の方であっても、ランチに声をかけていただけたりして、驚いています。私の所属部署に限るかもしれませんが、イメージより、若い方が多い印象です。また、デジタル人材をはじめとして新規採用も今力を入れているようです。

組織体制・コミュニケーション:
基本的には、業務は、係長が実務をこなしており、補佐級の方は、企業でいう部長的な役割として勤めています。業務時間は、静かなことが多いですが、私の部署では、補佐が積極的に冗談などを言って、空気を和ませてくれるので、入社当初は助けられました。部署によるとは思いますが、上の方は、おおかた温厚でやさしい方ばかりです。また、職員全員が横のつながりについては大変重視しているようです。特に同期、という言葉はよく聞きます。

ダイバーシティ・多様性:
現在の部署において、多様性、といえば、働くメンバーがさまざまなバックグラウンドを持って働いている、という点が当たると思います。中途入社でなくても、2年程度で部署異動が行われるためです。この点でも、中途入社は働きやすいと思います。
口コミ投稿日:2022年12月16日
2022年時点の情報
回答者:30代 / 女性 / 現職(回答時) / 中途入社 / 正社員
2022年時点の情報
成長・キャリア開発:
システムに関する職種を経験してきましたので、現在は、厚生労働省の全システムの仕様書を審査する役割として、一貫してキャリアを積み上げていける環境です。今、デジタル人材を育成するプロジェクトが多数あるので、デジタル庁の研修などが充実しています。

働きがい:
人生の困ったときに、国民に寄り添う厚生労働省で働くことを誇りに思います。私自身、失業手当、健康保険などに助けられたことがあるので、そのような方々を思いながら働いており、その点には働き甲斐を感じております。
口コミ投稿日:2022年12月16日
2022年時点の情報
回答者:40代 / 男性 / 現職(回答時) / 新卒入社 / 正社員
2022年時点の情報
多様な働き方支援:
業務において、リモートワークが可能な環境である。職場としてリモートワークが推奨されており、業務に支障がなければ、週に複数回リモートワークを実施している職員が複数いる。打ち合わせ等をテレビ会議システムを利用して実施することが可能であり、頻繁に利用されている。多様な働き方が可能な職場環境を職場全体として整備し、運用することができている。
口コミ投稿日:2022年12月16日
2022年時点の情報
回答者:30代 / 女性 / 現職(回答時) / 中途入社 / 正社員
2022年時点の情報
評価制度:
他の複数企業を経験しましたが、「係長」の役職に30代前半の方が多数存在することに驚きました。また、総合職の方については、30代前半でも「補佐」職に就いているようです。中途採用は、昨今増えているようですが、前年度の中途入社の方においても昇格が多数あるようですので、新卒との評価の違いはないかと考えております。
口コミ投稿日:2022年12月16日
2022年時点の情報
回答者:40代 / 女性 / 現職(回答時) / 中途入社 / 正社員
3.3
2022年時点の情報
入社時の期待と入社後のギャップ:
予想以上に規模が大きく、業務や人事他、統括すべき範囲も大きい。また、部署にもよるかもしれないが連絡方法や期日に関する認識が異なるケースもあるため、協力して仕事を進めるにあたり、事前のすり合わせが重要となる。
口コミ投稿日:2022年12月14日
2.9
33人の社員・元社員の回答より
会社の成長性
・将来性
2.8
事業の優位性
・独自性
3.2
実力主義
2.6
活気のある風土
2.7
20代成長環境
2.8
仕事を通じた
社会貢献
3.4
イノベーション
への挑戦
2.2
経営陣の手腕
2.6
回答者の平均年収
559万円
納得度
62%
33人(平均33歳)の回答より
回答者の平均残業時間
52時間
納得度
63%
33人の回答より
※ 回答者の平均値になるため、実際の平均値とは異なります。

厚生労働省が現在募集している転職・求人情報

掲載期間23/01/12 ~ 23/02/08
ITの知見を、国民生活に還元するという選択。
厚生労働省が整備・運用する情報システムは約200。目的や規模は様々ですが、いずれも国民生活に直結する点は共通です。医療・健康・福祉・年金・保険・労働・雇用など、ありとあらゆる制度がシステムによって支え……
情報システム専門官(省内システムの一元的なプロジェクト監理を担当)1
情報システム専門官(省内システムの一元的なプロジェクト監理を担当)2
情報システム専門官(省内システムの一元的なプロジェクト監理を担当)3
  • 仕事内容 厚生労働省全体のデジタル化施策を推進する「情報化担当参事官室」への配属です。様々なシステムの構築や運用にあたり、予算要求や調達に関する助言や提案をしていただきます。
  • 応募資格 ■IT戦略策定の経験 または ITコンサルタントの経験(5年以上)■基本情報技術者試験などの資格 ※大卒以上
  • 給与 月給34万1300円以上+賞与年2回・各種手当
  • 勤務地 厚生労働省/東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎第5号館 21階(転勤なし)
エン転職
取材青木
厚生労働省の多種多様なシステムに広く関わります。専門家として助言するだけでなく、各部門の職員に伴走してデジタル化を進められるような姿勢の方が歓迎されるそうです。